タイトル

亡くなった方の過払い金返還

過払い金を残して亡くなった方について考えてみましょう。被相続人(亡くなった方)が多くの債務を残して死亡して、相続人がその債務を知ってビックリするということが時々あります。 このような場合、相続人は、被相続人の債務を継承することを避けるために、相続放棄をすることが多いです。しかし、債務の内容をよく確認せずに相続放棄することは危険です。なぜなら、その債務について、過払い金が生じていることがあるからです。

被相続人(亡くなった方)が、たとえば十年以上もサラ金に対して高い利息を支払っていたような場合には、現時点で五十万や百万円といった見かけ上の債務が残っている場合でも、 利息制限法に引き直してみると債務は存在せず、過払い金が生じているということがあるのです。 ですから、被相続人がサラ金から多額の借入をしていたという場合でも、すぐに相続放棄をせずに、弁護士に相談する必要があります。

ここで相続放棄するか否かは、相続開始から原則として三カ月以内に決めなければなりませんので、その判断は急ぐ必要があります。 そうでないと、過払い金がなかった場合に、被相続人の債務を相続人が継承してしまう可能性があります。

なお、過払い金生じているのか否かがあるのが不明であるという場合には、三ヶ月という期間の伸長を家庭裁判所に申請することも可能です。

ところで相続人が過払い金の請求をする場合には、誰が過払い金を継承したのかを確定する必要があります。 これは、相続人間で遺産分割協議をすることによって確定させることができます。 たとえば、父親が過払い金を残して死亡した場合に、過払い金については母親に相続させるという遺産分割協議をすることによって、 母親からサラ金に対して過払い金返還請求が可能になるのです。

■関連エントリー
弁護士に電話相談
無料相談可能な専門家

評判の良い弁護士・司法書士をご紹介します、1人で考えずに専門家の意見をまず聞いてみましょう。 債務整理の無料相談はメール・電話で、いつでも全国に対応。


アース司法書士事務所のアイコン 樋口総合法律事務所のアイコン ヤミ金特集ページへ

 

© 2014-2016 債務整理/至急相談 All Rights Reserved.